m3.com トップ > 臨床ニュース > 癌性髄膜炎、4つの選択肢と治療の実際【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

癌性髄膜炎、4つの選択肢と治療の実際【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.78_3

2019年10月18日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患

70歳代女性肺癌症例の急な意識障害の原因は、癌性髄膜炎だった。生命予後の悪い病態に対し、何を目的に、どのような治療を行っていったら良いのか。m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第78弾最終回は、ジュニアレジデント1年目の高嶋紗衣氏が目にした治療選択の実際と、上級医とのやりとりを紹介する。前回の記事『癌性髄膜炎?状態改善に行い得る治療は』はこちら癌性髄膜炎に対する治療、4つの選択肢高嶋紗衣氏(以下、高嶋)最後に治療についてです。癌性髄膜炎に対する治療の目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞