m3.com トップ > 臨床ニュース > 国循・小川氏「AFIRE試験で得た経験は別格」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国循・小川氏「AFIRE試験で得た経験は別格」 国立循環器病研究センター理事長・小川久雄氏と副院長・安田聡氏に聞く―Vol. 1

2019年9月、フランス・パリで開催された欧州心臓病学会(ESC)年次学術集会。日本で行われた、安定冠動脈疾患への抗血栓薬併用療法に対する抗凝固薬(リバーロキサバン)単独療法の非劣性と優越性を証明したAFIRE試験がESCのHotLineSessionでの発表で受理され、NewEnglandJournalofMedicine(NEJM)にも同時掲載された(NEnglJMed2019;381:1103-1113)。同試験で得た貴重な体験を、研究メンバーの一人である国立循環器病研究センター理事長の小...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞