m3.com トップ > 臨床ニュース > 会員医師が考える診療GLの役割と課題

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

会員医師が考える診療GLの役割と課題 m3.com意識調査「診療ガイドライン・手引きをどう活用?」―Vol. 2

2019年10月17日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

m3.com会員医師2244人に聞いた、ガイドライン(GL)の活用状況や課題に関する調査。第2回は、自身が考えるGLの役割と課題について紹介する。(m3.com編集部・坂口恵)前回の記事『医師のガイドライン使用頻度』はこちら「最新の標準的な診療の普及」が最多Q.GLの最も重要な役割は次のうちどれだと思いますか「GLの最も重要な役割は次のうちどれだと思いますか」との質問に対しては、開業医、勤務医ともに「最新の標準的な診療の普及」が回答選択肢の中で最多となった。「臨床的課題の解決(開業医10.3%v...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞