m3.com トップ > 臨床ニュース > 第19回 重症敗血症への赤血球輸血は有益か有害か

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第19回 重症敗血症への赤血球輸血は有益か有害か 執筆:土谷飛鳥(国立病院機構水戸医療センター)、監修:康永秀生(東京大学)

2019年10月23日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 一般内科疾患救急

今回扱う論文EffectofTransfusiononMortalityandOtherAdverseEventsAmongCriticallyIllSepticPatients:AnObservationalStudyUsingaMarginalStructuralCoxModel.CritCareMed.2017Dec;45(12):1972-1980.はじめに重症の敗血症患者では貧血を伴うことが多く、治療には赤血球輸血が行われます。貧血は敗血症患者の死亡率増加や合併症の発生と関連するので、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞