m3.com トップ > 臨床ニュース > 「サイレントキラー」を察知するために【時流◆膵がん早期発見】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「サイレントキラー」を察知するために【時流◆膵がん早期発見】 日本膵臓学会・北野雅之氏に聞く―Vol. 1

2019年10月23日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患その他

国立がん研究センターの最新がん統計によると、2017年には37万3334人ががんで死亡しており、このうち膵臓は男女合わせて4番目にがん死亡数の多い臓器となっている。「サイレントキラー」といわれる膵がんは、他の臓器に比べて早期発見が難しいとされる。2019年7月に改訂第5版が発刊された「膵癌診療ガイドライン」では、検査法の選択において推奨の強さを明記するなど、従来に比べて診断についても掘り下げた内容となっている。同ガイドライン疾患概念・診断法の作成グループチーフを務めた北野雅之氏(和歌山県立医大内...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞