m3.com トップ > 臨床ニュース > 障害者にスポーツという選択肢を【東京オリパラ目前◆パラ・クラス分け】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

障害者にスポーツという選択肢を【東京オリパラ目前◆パラ・クラス分け】 日本パラ陸上競技連盟理事・指宿 立氏に聞く―Vol. 2

2019年10月28日 m3.com編集部  カテゴリ: 整形外科疾患その他

国際基準に合ったクラス分けを行える「国際クラシファイア」の資格を持った人は現在、陸上競技・肢体不自由においては、国内に2人しかいない。そのうちの一人で、日本パラ陸上競技連盟理事および和歌山県立医科大学みらい医療推進センターげんき開発研究所の副所長を務める指宿立(いぶすき・たつる)氏は、障害者スポーツの普及のためにも国際クラシファイアの育成に力を入れる必要があると語る。2020年パラリンピックを目前に控えた今、障害者スポーツの今後について語ってもらった。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞