m3.com トップ > 臨床ニュース > 第1回 双極性障害患者の維持療法下におけるQOLを考える

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第1回 双極性障害患者の維持療法下におけるQOLを考える 精神科 藤田基(道玄坂ふじたクリニック)

今回扱う論文MoodstabilisersandriskofstrokeinbipolardisorderBritishJournalofPsychiatry2018;215:409-414.精神科医療でも問われる患者のQOL近年、疾患の治療においては主病の症状消失や再発防止だけではなく、治療中や治療終了後の生活の質(QOL)が重視されるようになってきています。最近の例として、乳がん治療での乳房温存や乳房再建、小児がん治療での妊孕能の温存や知的機能への悪影響防止などを挙げることができます。以前は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞