m3.com トップ > 臨床ニュース > 薬剤名は書いても用量はあえて書かなかった理由【東京オリパラ目前◆感染症対策】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

薬剤名は書いても用量はあえて書かなかった理由【東京オリパラ目前◆感染症対策】 防衛医大・川名明彦氏に聞く―Vol. 2

2019年11月4日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患感染症救急

川名明彦氏日本中の全ての医師が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに関連して求められている輸入感染症対策。日本感染症学会が7月に先行公表した『症状からアプローチするインバウンド感染症への対応~東京2020大会にむけて~感染症クイック・リファレンス』(以下リファレンス)をまとめた防衛医科大学校内科学教授の川名明彦氏に、リファレンスのポイントを聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・軸丸靖子/8月26日取材、全2回連載)前回の記事『全診療医が今求められている五輪対策』はこちら薬剤の用...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞