m3.com トップ > 臨床ニュース > 臨床症状から下した診断、経過はどうなる【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

臨床症状から下した診断、経過はどうなる【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.80_2

ほぼ毎日ジムに通い、農作業を楽しんで元気に過ごしていた70歳代男性に、3週間前から「痛くて首が回らない」という異変が生じた。生化学検査や画像検査上の異常は見つからず、自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント1年目の福岡なつみ氏らは臨床症状からある診断を下す。その後の経過は診断名と一致していたのか。m3.com研修最前線、「総合回診」シリーズ第80弾。前回の記事『首が痛くて、呂律も回らない、原因は?』はこちら生化学検査も画像検査も特段の異常所見なし福岡なつみ氏(以下、福岡)本症例の血...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞