m3.com トップ > 臨床ニュース > 回復に時間要する破傷風、説明と予防のポイント【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

回復に時間要する破傷風、説明と予防のポイント【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.80_4

破傷風をテーマにお送りしてきたm3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第80弾。臨床的所見から破傷風と診断し、治療を開始した症例の経過はどうだったのか。今後のワクチン接種計画はどうしたらよいか。上級医との質疑の模様とともに紹介する。前回の記事『外傷患者、破傷風のリスク評価はこう行う』はこちらグロブリン、トキソイド、抗菌薬により回復福岡なつみ氏(以下、福岡)症例に戻ります。本症例は、70歳代という年齢から、恐らく破傷風の予防接種は受けていないと考えました。念...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞