m3.com トップ > 臨床ニュース > 膵癌診療指針の一部改訂版を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

膵癌診療指針の一部改訂版を公開 切除可能膵癌に対する術前補助療法の推奨で

日本膵臓学会はこのほど、2019年7月20日発刊の「膵癌診療ガイドライン2019版」を一部改訂したことをホームページで知らせた。改訂したのは、クリニカルクエスチョン(CQ)の「RA1切除可能膵癌に対して術前補助療法は推奨されるか?」に対するステートメントで、改訂前の「切除可能膵癌に対する術前補助療法を行うべきか否かは明らかではない」を、改訂後は「切除可能膵癌に対する術前補助療法としてゲムシタビン塩酸塩+S-1併用療法を行うことを提案する」に変更。これに伴い、膵癌治療のアルゴリズムも変更している。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞