m3.com トップ > 臨床ニュース > ただの切創?【画像診断道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ただの切創?【画像診断道場】

2019年11月14日 日本医事新報(Web医事新報)  カテゴリ: 小児科疾患眼科疾患救急

日本医事新報(Web医事新報)『画像診断道場実はこうだった』No.4863より転載2歳、女児自宅でハサミを持ったまま椅子から落ちて右眼瞼を受傷した。救急受診した近医で、整容的な問題が生じる可能性があるとの説明を受け、当科を受診するよう勧められた。当科受診時は写真のような状態であり、右上眼瞼と右下眼瞼にハサミによると思われる切創を認めた。出血は止まっていた。既往歴:生来健康で、特記すべき既往歴等はない。来院時所見:泣き疲れていたが、他に外傷はなく、意識は清明であった。理学検査・血液検査で異常を認め...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞