m3.com トップ > 臨床ニュース > 行政のHPVワクチン告知活動を学会「支持」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

行政のHPVワクチン告知活動を学会「支持」 日産婦、97自治体が接種対象者に個別に情報提供

2019年11月14日 日本産科婦人科学会  カテゴリ: 産婦人科疾患感染症

日本産科婦人科学会はこのほど、地方自治体によるHPVワクチンに関する告知活動を強く支持するとの見解を公式ホームページに掲載した。これは、2019年8月30日開催の第42回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会で、HPVワクチンの情報提供に関する自治体調査の結果報告を受けての対応。全国の97自治体が接種対象者・保護者へ一律に個別の情報提供を行っていることなどを支持している。2018年10-11月に実施された自治体調査の結果によると、全1741市町村のうち、97市町村が厚生労働省作成の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞