m3.com トップ > 臨床ニュース > 膵がん疑うきっかけ、最多は「糖尿病の増悪」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

膵がん疑うきっかけ、最多は「糖尿病の増悪」 「膵がんを疑うポイントは?」―Vol. 1

2019年7月に改訂第5版が発刊された『膵癌診療ガイドライン』では、検査法の選択で推奨の強さを明記するなど、従来のガイドラインよりも診断について掘り下げた内容となっている。m3.com意識調査で、膵がんを疑う症例を診断、または紹介した経験が「ある」と答えた医師1239人に重視するリスク因子を複数回答で尋ねたところ、「糖尿病の増悪」が最多の68.8%に上った。膵がんのリスク因子があるものの経過観察とした症例が、その後6カ月以内に膵がんと診断されるに至った経験の有無を尋ねる質問では、30.5%が「あ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞