m3.com トップ > 臨床ニュース > せん妄治療、まず薬物アルゴリズムを押さえる【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

せん妄治療、まず薬物アルゴリズムを押さえる【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2019年11月27日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患一般外科疾患

安井玲子氏虎の門病院精神科の安井玲子氏による、同院初期研修医向け院内合同セミナー「せん妄に気付き、適切に対処するために」。第2回は、せん妄の治療について。症状を落ち着かせるための薬剤や、高リスク患者の睡眠障害に対する薬剤の選び方や注意点を解説する。前回の記事『せん妄はなぜ起きる?押さえるべき3因子』はこちら基本は抗精神病薬安井玲子氏せん妄の治療は、せん妄を来している原因への対応、つまり直接因子を取り除くことが第一です。しかし、誘発因子の軽減、除去も非常に大切です。例えば、騒音が多い環境なら耳栓を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞