m3.com トップ > 臨床ニュース > 病院での身体拘束、番組で放送されなかった重要なところ【寄稿◆身体拘束の論点】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

病院での身体拘束、番組で放送されなかった重要なところ【寄稿◆身体拘束の論点】 国立がん研究センター東病院・小川朝生―Vol. 1

【編集部より】最近、一般病院での身体拘束の問題を提起する番組(2019年9月11日放送クローズアップ現代「身近な病院でも!なぜ減らない“身体拘束”」)が放映され、医療従事者からは「医療現場の実態を十分反映していない」などの声が多く上がったことをご記憶の方も多いかと思います。後日、医療従事者や有識者を集め、「やはり身体拘束は必要なのか?」との主旨の番組(10月16日放送クローズアップ現代「徹底討論!それでも必要?一般病院の身体拘束」)が放送されました。同番組に出演した、国立がん研究センター東病院精...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞