m3.com トップ > 臨床ニュース > 膵癌(腺癌)NCCN指針2019第3版の日本語訳を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

膵癌(腺癌)NCCN指針2019第3版の日本語訳を公開 日本膵臓学会監訳、転移例で脚注追加

2019年11月28日 日本膵臓学会  カテゴリ: 消化器疾患

日本膵臓学会はこのほど、同学会が監訳した全米総合癌センターネットワーク(NCCN)腫瘍学臨床診療ガイドライン(GL)の「膵癌(腺癌)2019年第3版」の日本語版を公式ホームページに公開した。2019年第2版からの変更点としては、転移例(PANC-8)で「BRCA1/2の病的な生殖細胞系列変異を有し、全身状態良好で、転移を認め、一次治療としてのプラチナベースの化学療法から進行が認められない期間が16週間を超える患者には、維持療法としてオラパリブを考慮すること」との脚注が追加されている。第3版の冒頭...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞