m3.com トップ > 臨床ニュース > ユリーフとユリノームの誤認で再警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ユリーフとユリノームの誤認で再警鐘 8年で販売名類似による取り違え19件発生

医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、選択的α1A遮断薬および前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬「シロドシン」(商品名:ユリーフ錠2mg/4mg、ユリーフOD錠2mg/4mg)と尿酸排泄薬「ベンズブロマロン」(同:ユリノーム錠25mg/50mg)の販売名類似による取り違え事例が報告されているとして、製造販売元など3社の文書を公式ホームページに掲載した。3社はすでに2011年9月に注意喚起を行っているが、その後も2019年9月20日までに「販売名類似による処方誤り及び調剤時の取り違え」事例が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞