m3.com トップ > 臨床ニュース > オピオイド危機で疼痛学会が突如解散【時流◆米オピオイド危機と日本】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

オピオイド危機で疼痛学会が突如解散【時流◆米オピオイド危機と日本】 獨協医大・山口重樹氏に聞く―Vol. 1

米国ではオピオイド乱用による死者が増え続けており、1999年から2017年までの間に70万2000人がオピオイド過剰使用で死亡し(MMWRMorbMortalWklyRep2018;67:1419-1427)、交通事故による死者を上回るまでになっている。この事態を踏まえて、トランプ米大統領は2017年に公衆衛生上の緊急事態を宣言。オピオイド乱用防止などの対策に60億ドル(約6500億円)の予算を投じるなどしている(EndingAmerica’sOpioidCrisis)。米国のオピオイド危機が起...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞