m3.com トップ > 臨床ニュース > アルドステロン不変は「専門家も予想外の結果」【ROAD-EURASIA】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アルドステロン不変は「専門家も予想外の結果」【ROAD-EURASIA】 国際医療福祉大・野田光彦氏、埼玉医科大・一色政志氏に聞く―Vol. 3

2019年11月29日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患内分泌・代謝疾患

野田光彦氏(左)と一色政志氏ReninObservedwithAddedDapagliflozin-anEvaluationunderUnexceptionalRASInhibitorAdministration(ROAD-EURASIA)試験の最大の注目点は、利尿作用を認める薬剤にもかかわらず、対照群と比較してアルドステロンが上昇しなかったことだ。果たして、SGLT2阻害薬は心保護、腎障害の進展を防ぐ意味で懸念される「アルドステロンブレイクスルー」の回避に貢献する薬剤なのか――。本試験に携わっ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞