m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性疼痛へのオピオイド鎮痛薬、半数以上が「使用」に前向き

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性疼痛へのオピオイド鎮痛薬、半数以上が「使用」に前向き m3.com意識調査「オピオイド鎮痛薬処方について教えてください」―Vol. 1

m3.comでは、特集企画【時流◆米オピオイド危機と日本】に併せて、会員医師1520人に国内での非がん性の慢性疼痛(以下、慢性疼痛)へのオピオイド鎮痛薬※の使用実態を聞いた。第1回は、慢性疼痛患者に対するオピオイド鎮痛薬の使用について。集計対象とした4診療科とも「使用している」「今後使用したい」が回答の半数以上を占め、同薬使用に前向きな姿勢がうかがえた。(m3.com編集部・坂口恵)今回の記事でのオピオイド鎮痛薬は医療用麻薬を想定しており、弱オピオイドのトラマドールは含みません。整形外科が74....

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞