m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性痛へのオピオイド鎮痛薬の定期処方はいつまで?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性痛へのオピオイド鎮痛薬の定期処方はいつまで? m3.com意識調査「オピオイド鎮痛薬処方について教えてください」―Vol. 2

非がん性の慢性疼痛(以下、慢性疼痛)への、オピオイド鎮痛薬※の使用実態に関する意識調査。第2回は、中等度以上の慢性疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の定期処方の期間について。「3カ月未満」を定期処方の区切りとする回答が20-30%程度だった一方、「分からない」との回答も少なくなかった。(m3.com編集部・坂口恵)今回の記事でのオピオイド鎮痛薬は医療用麻薬を想定しており、弱オピオイドのトラマドールは含みません。「患者の痛みの程度で個別に判断する」が最多Q.中等度以上の非がん性慢性疼痛に対するオピオイド...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞