m3.com トップ > 臨床ニュース > 乳がんへのアテゾリズマブ使用推進指針公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乳がんへのアテゾリズマブ使用推進指針公開 投与実施施設、投与対象患者の周知を

2019年12月13日 日本皮膚科学会  カテゴリ: 一般外科疾患投薬に関わる問題

日本皮膚科学会はこのほど、厚生労働省から周知依頼のあった「アテゾリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(乳癌)の作成について」を学会ホームページに掲載した。同ガイドライン(GL)は、「アテゾリズマブ(遺伝子組換え)」(商品名:テセントリク)の作用機序や臨床成績、投与実施施設、投与対象となる患者、投与に際して留意すべき事項について記載。医療機関や薬局に対して、同GLの周知を呼びかけている。転移・再発乳癌に対する全身性の前治療歴のないPD-L1陽性(腫瘍組織におけるPD-L1を発現し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞