m3.com トップ > 臨床ニュース > 救急外来、予防線どのように張れば? Vol.2 【臨床◆若手お悩み相談室】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

救急外来、予防線どのように張れば? Vol.2 【臨床◆若手お悩み相談室】

2020年1月8日 m3.com編集部  カテゴリ: 救急

若手医師、研修医から寄せられた臨床に関するお悩みに対する先輩医師のアドバイスを掲載しています。<質問>【相談者/卒後1年目:市中病院勤務】救急外来、予防線どのように張れば?日頃、救急外来にて診療するに当たり、「○○のような症状が出たら再診」というような、いわゆる有事再診について言及することがあると思います。実際に、3日分の解熱剤を飲みきってそれでも再診した方には肺炎など重症な方がいるなど、やはり有事とは何なのかを説明することは大切だと考えています。一方で、その有事にはかなり確率の低いようなことも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞