m3.com トップ > 臨床ニュース > 第16回 Onco-Nephrology―腎臓とがんの深い関わり

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第16回 Onco-Nephrology―腎臓とがんの深い関わり 執筆:松原雄(京都大学) 監修:柳田素子(京都大学)、南学正臣(東京大学医学部附属病院)

Onco-Nephrologyとは?今日、がんが死亡原因の上位を占めるようになり、がん診療に関する知識はわれわれ医療従事者に欠かせないものとなりました。それは、腎臓病分野においても例外ではありません。Onco-Nephrologyは、このような背景からOncology(腫瘍学)とNephrology(腎臓学)との間に生まれた造語です。2011年の米国腎臓学会で初めて取り上げられ、2013年頃からは日本でも注目されるようになり、現在ではさまざまな学会、学術誌、商業誌などで特集されるまでになっていま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞