m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本におけるオピオイド鎮痛薬の不適切使用の抑止策【時流◆米オピオイド危機と日本】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本におけるオピオイド鎮痛薬の不適切使用の抑止策【時流◆米オピオイド危機と日本】 獨協医大・山口重樹氏に聞く―Vol. 4

獨協医科大学麻酔科学講座主任教授・山口重樹氏へのインタビュー第4回。非がん性疼痛への適応拡大に伴い、オピオイド鎮痛薬の不適切使用が日本で増える可能性が懸念されている。山口氏は、添付文書の記載を変更することが不適切使用の抑止につながると考えているそうだ。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・坂口恵/2019年9月27日取材、全4回連載)前回の記事『長引く痛みを訴える患者は「医師一人で対応は不可能」』はこちら「何を考えて、その処方に?!」――日本では、非がん性疼痛への適応拡大でオピオイド鎮痛薬の不適...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞