m3.com トップ > 臨床ニュース > 今年最も多く読まれたJAMA Networkの論文12編

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

今年最も多く読まれたJAMA Networkの論文12編 腕立て伏せと心血管イベント/抗コリン作動薬で認知症リスクなど

2019年12月21日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

JAMA公式サイトより米国医師会雑誌(JAMA)は12月3日、「今年最も多く読まれた記事(ArticlesoftheYear2019)」を発表した。2018年9月1日から2019年8月31日までの間にJAMAおよび関連12誌の「OriginalInvestigations」および「SpecialCommunications」に掲載された記事を対象に、オンラインの閲覧数を基に順位を付け、各誌の編集担当者がその理由を考察している。(m3.com編集部・河野祐子)JAMAが年間で最も多く読まれた記事を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞