m3.com トップ > 臨床ニュース > 肺年齢に関する提言を学会が公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肺年齢に関する提言を学会が公表 従来通り、疾患啓発や禁煙指導の参考に

2020年1月4日 日本呼吸器学会  カテゴリ: 呼吸器疾患

日本呼吸器学会はこのほど、「肺年齢に関するステートメント」を学会ホームページに掲載した。同学会は、2014年のLMS法によるスパイログラム新基準値をもとに、従来の「肺年齢」に代わる「新肺年齢」コンセプトを導入する必要性について認めつつも、「現時点で使用されている機器への修正はきわめて困難」とコメント。肺年齢が実年齢とどのくらい乖離している場合に異常とするかなどについてはこだわることなく、これまで通り「あくまでも疾患の啓発や禁煙指導の参考」として使用するよう呼びかけている。「肺年齢」は、2006-...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞