m3.com トップ > 臨床ニュース > 食道がんへのオキサリプラチン使用で提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

食道がんへのオキサリプラチン使用で提言 シスプラチン不耐例に対するオプションとして

2019年12月27日 日本食道学会  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

日本食道学会はこのほど、日本臨床腫瘍学会および日本癌治療学会との連名で、食道がんに対するオキサリプラチンの使用に関する提言を学会ホームページに掲載した。2019年4月22日に食道がんに対するフルオロウラシル+レボホリナート+オキサリプラチン併用(FOLFOX)療法が保険償還されたことを受けたもので、適正使用の推進を目的に発表された。同提言では、食道がんに対する標準治療として使用されるプラチナ製剤はシスプラチンであり、オキサリプラチンはシスプラチン不耐例に対するオプションとしている。これまで、日本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞