m3.com トップ > 臨床ニュース > 結腸癌術後予後予測ノモグラムを公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

結腸癌術後予後予測ノモグラムを公開 結腸癌治癒切除後のOSとRFSを予測

2020年1月6日 大腸癌研究会  カテゴリ: 消化器疾患

大腸癌研究会はこのほど、原発性結腸癌の全てが遺残なく完全に切除された患者の全生存割合(OS)と無再発生存割合(RFS)を予測する「結腸癌術後予後予測ノモグラム」を学会ホームページで公表した。年齢、性別、中枢郭清度などを記入することで、結腸癌治癒切除後の3・5年OSと3・5年RFSの予測値をそれぞれ確認できる。同ノモグラムは、大腸癌研究会のプロジェクト研究で集積した4919人の患者データに基づいて作成し、全国大腸癌登録9994人の患者データで再現性が確認されている。なお、ノモグラムの結果は実際の治...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞