m3.com トップ > 臨床ニュース > 病院での身体拘束、8割の医師が「経験あり」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

病院での身体拘束、8割の医師が「経験あり」 m3.com意識調査「病院での身体拘束、どう考えますか」―Vol. 1

m3.comでは、国立がん研究センター東病院精神腫瘍学開発分野長の小川朝生氏による【寄稿◆身体拘束の論点】に併せて、会員医師1109人に、急性期・ICU領域の病院における身体拘束への考え方や身体拘束を指示した経験の有無などを聞いた。(m3.com編集部・坂口恵)今回の調査が取り扱う内容は「急性期・ICU領域」が対象。法律上の扱いが異なる精神科病院は含まれません。「やむを得ない」が「できるだけ減らしたい」をやや上回るQ.急性期・一般病院(精神科を除く)における身体拘束をどう考えますか今回の調査では...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞