m3.com トップ > 臨床ニュース > 窒息対応の指針、書き換えるような研究目指す【時流◆食事による窒息死を減らす】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

窒息対応の指針、書き換えるような研究目指す【時流◆食事による窒息死を減らす】 日本医科大学付属病院・五十嵐豊氏に聞く- Vol. 3

2020年1月9日 時流  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患救急

日本医科大学付属病院高度救命救急センター助教の五十嵐豊氏へのインタビュー第3回(最終回)。2019年の多施設共同研究で得られた最新知見と、来年度(2020年度)の日本救急医学会学会主導研究として採択された多施設共同研究「MOCHIproject」の展望などを聞いた。五十嵐氏は、窒息事故の多い日本での実態を解明するだけでなく、窒息予防や気道異物解除の、よりエビデンスに基づいた手法を明らかにし「長らく新しい知見が追加されていない、世の中で最も知られているであろう米国心臓協会(AHA)のガイドラインを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞