m3.com トップ > 臨床ニュース > ヘパリンナトリウムの誤認で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヘパリンナトリウムの誤認で注意喚起 「ヘパリンNa注」と「ヘパリンNaロック用」で混同

2020年1月14日 日本麻酔科学会  カテゴリ: 一般外科疾患救急その他

日本麻酔科学会はこのほど、ヘパリン製剤「ヘパリンNa注」と「ヘパリンNaロック用」について、インシデント発生の可能性が会員から寄せられたとして、注意喚起の案内を学会ホームページに掲載した。ヘパリンナトリウムは用途に応じて商品名が異なるため、それぞれの製剤を混同しないよう、医師、看護師、臨床工学技士などへの周知を呼びかけている。体外循環装置使用時等の血液凝固の防止に用いるヘパリンナトリウムは、商品名「ヘパリンナトリウム」「ヘパリンNa」などがあり、濃度は1000単位/mL。一方、静脈内留置ルート内...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞