m3.com トップ > 臨床ニュース > 胆道領域疾患の病態、実は"シンプル"【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

胆道領域疾患の病態、実は"シンプル"【研修最前線】 虎の門病院 初期研修医向け院内合同セミナー

2020年1月15日 研修最前線  カテゴリ: 消化器疾患その他

虎の門病院が初期研修医を対象に開催する「虎の門病院研修医向け院内合同セミナー」をレポートするこの企画、今回から、同院消化器内科部長の今村綱男氏による「閉塞性黄疸の話」を掲載する。「まずは閉塞性黄疸に気付くことが大切」とする立場から、注目すべきポイントや診断方法などを具体的に紹介する。第1回は、閉塞性黄疸とその緊急性について。今村氏は、胆道領域疾患の病態について「実はシンプル」と説明する。前回のシリーズはこちらERCPを用いる病態、実は“シンプル”今村綱男氏本日は、閉塞性黄疸の話を中心に講義してい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞