m3.com トップ > 臨床ニュース > 救急外来、意識障害の考え方と問診のポイント

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

救急外来、意識障害の考え方と問診のポイント 問診から予想される原因疾患を復習する

2020年1月17日 中外医学社  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

症例70歳女性主訴意識障害病歴糖尿病で経口血糖降下薬を内服中。来院数日前より微熱を認めていた。朝になっても起きてこないことを心配した家人が部屋を覗きにいくと、呼びかけにも反応せずベッド上で倒れているところを発見されて救急搬送となった。所見意識JCS100、体温37.6℃、血圧138/85mmHg、脈拍90/分、呼吸数20/分、瞳孔左右差なし、対光反射あり、眼球黄染なし、項部硬直なし、左下肺野でcoarsecracklesあり、腹部は平坦で圧痛なし、明らかな麻痺なし検査【血液検査】WBC12000...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞