m3.com トップ > 臨床ニュース > 意識障害の「程度の表現」、指標による違いを押さえる

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

意識障害の「程度の表現」、指標による違いを押さえる 用語が意識障害を上手く言い当てることも

2020年1月21日 中外医学社  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

身体所見のポイントバイタルサインの評価とDo『Don’t』□ ERでの対応は意識障害に限らず『ABCDアプローチ(Airway:気道、Breathing:呼吸、Circulation:循環、DysfunctionofCNS:中枢神経異常)』が原則。その際、ABCの異常を認めた時には、意識障害のアプローチでなく緊急度の高い呼吸困難やショックのアプローチを優先する。□ 意識障害の程度の表現にはMayoclinic分類(表2)やJapanComaScale(JCS=表3)、Glas...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞