m3.com トップ > 臨床ニュース > PSA検診と過剰診断は「切り離して考えるべき」【時流◆前立腺がんの今】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

PSA検診と過剰診断は「切り離して考えるべき」【時流◆前立腺がんの今】 日本泌尿器科学会理事長・大家基嗣氏に聞く―Vol. 1

『前立腺がん検診ガイドライン2018年版』によると、近年、前立腺がんの罹患数はきわめて急速に上昇しており、他の部位のがんと比較しても、その増加割合は最も高いという。そのため、2020~2024年には、前立腺がん罹患数は10万人を超え、男性がんの部位別罹患数で第1位となる可能性がある。早期発見、早期治療の対策は急務である。長年、前立腺がん治療に携わってきた慶應義塾大学医学部泌尿器科学教授で日本泌尿器科学会の理事長を務める大家基嗣氏に、前立腺がんにおける診断や治療の注意点について語ってもらった。(聞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞