m3.com トップ > 臨床ニュース > 「大動脈解離っぽい」腹痛、知らなかった選択肢【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「大動脈解離っぽい」腹痛、知らなかった選択肢【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.85_2

2020年1月20日 研修最前線  カテゴリ: 消化器疾患産婦人科疾患救急

m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第85弾のテーマは腹痛急患。同センタージュニアレジデント1年目の福岡謙徳氏が救急当直をしていたある晩、3例立て続けに搬入されてきた腹痛症例の診療経験を紹介している。Graduallyな痛みを呈した1例目を急性胃粘膜病変(AGML)と診断し、帰宅とした頃、入れ替わるように2例目の腹痛患者が搬入されてきた。前回の記事『救急当直「一夜で3例の腹痛急患」から学んだこと』はこちら症例2:立ち上がろうとした瞬間に背部痛、その後腹...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞