m3.com トップ > 臨床ニュース > 「期待される治療法」とは何か?【大胆予測! 令和の医療◆膵がん編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「期待される治療法」とは何か?【大胆予測! 令和の医療◆膵がん編】 国立がん研究センター中央病院・奥坂拓志氏に聞く―Vol. 2

期待される膵がんの治療法を挙げる奥坂氏膵がんを取り巻く医療には、大きな課題として「早期発見」と「非手術療法」の2点があるという。分子標的薬「オラパリブ」(商品名:リムパーザ)の適応拡大が待たれているが、他にも期待される治療法にはどのようなものがあるのか。国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科科長の奥坂拓志氏に尋ねた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾/2019年11月14日取材、全2回連載)前回の記事『今こそ「治療困難」を克服するために』はこちら「術前補助療法をやるべき」に変更――20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞