m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症急性呼吸器症候群(SARS)【私の治療】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症急性呼吸器症候群(SARS)【私の治療】

2020年1月22日 日本医事新報(私の治療)  カテゴリ: 呼吸器疾患感染症救急

重症急性呼吸器症候群(severeacuterespiratorysyndrome:SARS)は、SARSコロナウイルス(SARS-CoV)による新興感染症である1)。2002年11月に中国広東省で出現し、翌2003年2月以降、世界に拡散した。WHO(世界保健機関)主導の対策の結果、同年7月には終息宣言が出されたが、この間世界で約8096人が感染し(中国、香港、台湾で全体の92%を占める)、774人が死亡した(致死率9.6%)。日本では患者は発生しなかった。本疾患は高齢者および基礎疾患のある者で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞