m3.com トップ > 臨床ニュース > 「目は口ほどに物を言う」意識障害患者で注目したい目の状態

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「目は口ほどに物を言う」意識障害患者で注目したい目の状態 眼所見から意識障害の原因を鑑別する

2020年1月24日 中外医学社  カテゴリ: 一般内科疾患脳神経外科疾患救急

目は口ほどに物をいう~意識障害患者の目に注目~瞳孔径と対光反射□ 昏睡患者における対光反射正常は代謝性脳症を示唆する所見であると言われているが、詳細な感度や特異度は不明。昏睡患者115人を対象にした前向き研究では、瞳孔不同(LR+9)と対光反射消失(LR+3.59)が構造的異常を示唆する所見と報告されている3)。ただし、時に低血糖発作などの代謝性脳症でも瞳孔不同になることもある。□ 両側瞳孔の縮瞳は高齢者でも認めることがあるが、交感神経が両側性に障害される場合(脳幹出血、中心...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞