m3.com トップ > 臨床ニュース > 眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起 「近視の解説と治療に見過ごせない内容」

2020年1月28日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患眼科疾患その他

日本眼科学会、日本眼科医会、日本近視学会の3団体は2019年12月、「『近視』に対するテレビ報道について」と題する一般市民向けの声明を発表した。同年11月6日に放送されたTBS系報道バラエティー番組「あさチャン!」で、「中学生1割が失明のおそれ」との報道に対し、「近視の解説と治療について見過ごせない内容が放送された」とした上で、「近視が原因で直接失明を起こす『病的近視』と異なり、『強度近視』の方のほとんどは生涯良好な矯正視力を保つことができる」などと説明している。(m3.com編集部・坂口恵)「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞