m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本でもモデル事業開始「チャイルド・デス・レビュー」とは

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本でもモデル事業開始「チャイルド・デス・レビュー」とは 「子どもの死亡検証制度」に関する基本情報

2020年度から「チャイルド・デス・レビュー(CDR)」に関するモデル事業が、一部の都道府県で開始される。CDRは正式な訳語が定まっておらず、「子どもの死因究明」や「予防のための子どもの死亡検証」など複数の呼称が存在する。これまで、医療機関単位などでのCDRは行われていたが、国レベルでの試験的導入は初めて。1月17日に厚労省が開いた自治体・医療関係者向けの説明会での内容に基づき、CDRの基本情報、導入に当たり議論となっている点などを紹介する。(まとめ:m3.com編集部・坂口恵)――CDRとは?...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞