m3.com トップ > 臨床ニュース > 第22回 敗血症性ショックで入院した病院にノルアドレナリンがなかったら…

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第22回 敗血症性ショックで入院した病院にノルアドレナリンがなかったら… 執筆:山名隼人(東京大学)、監修:康永秀生(東京大学)

今回扱う論文AssociationbetweenUSnorepinephrineshortageandmortalityamongpatientswithsepticshock.JAMA.2017;317(14):1433-1442.はじめに「良い病院に入院するとアウトカムが良くなるか」という疑問は、医療者だけでなく社会一般の関心と言えるかもしれません。「良い病院」をどのように定義するかはさておき、設備や診療の質など、施設レベルの要因が個々の患者に及ぼす影響を分析することは臨床研究の重要なテーマ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞