m3.com トップ > 臨床ニュース > 2050年には世界人口の半分が近視に?予防・治療の展望は【大胆予測!令和の医療◆近視編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

2050年には世界人口の半分が近視に?予防・治療の展望は【大胆予測!令和の医療◆近視編】 東京医科歯科大学・大野京子氏に聞く―Vol. 1

令和の時代、医学・医療はどんな発展が期待できるのか――。m3.com臨床ダイジェストでは、「大胆予測!令和の医療」と題し、新時代の担い手らに今後の展望を語ってもらう。中学・高校生の2、3人に1人は裸眼視力0.3以下で、成人の約半数が近視ともいわれる「近視大国」日本。近視人口は世界的にも増えており、2050年には世界人口の約半数が近視になるとも推計されている。一方、従来は眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が一般的だった近視治療に、この数年、科学的エビデンスが示された予防法が相次いで登場している。日本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞