m3.com トップ > 臨床ニュース > 近未来の出生前診断に求められる体制と将来の展望【大胆予測!令和の医療◆産婦人科編】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

近未来の出生前診断に求められる体制と将来の展望【大胆予測!令和の医療◆産婦人科編】 昭和大学・関沢明彦氏に聞く―Vol. 3

2020年2月5日 大胆予測!令和の医療  カテゴリ: 産婦人科疾患

2013年に始まった無侵襲的出生前遺伝学的検査(non-invasiveprenatalgenetictesting:NIPT)はわが国にも定着しつつあるが、健全な発展のためには解決すべき課題も散見される。最終回となる今回は、具体的にどのような体制整備が求められるのか、また、胎児治療や着床前診断の進歩が予想される令和時代に、出生前診断はどのような役割を担っていくのか、昭和大学産婦人科学主任教授・関沢明彦氏の見解を聞いていく。(聞き手・まとめ:m3.com編集部/2019年12月2日取材、全3回連...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞