m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性膵炎臨床診断基準 2019を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性膵炎臨床診断基準 2019を公開 診断項目、「急性膵炎の既往」を追加

2020年2月7日 日本膵臓学会  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患

日本膵臓学会はこのほど、「慢性膵炎臨床診断基準2019」を学会ホームページに掲載した。同基準は、2009年版の改訂版。慢性膵炎の診断項目として、「1日80g以上(純エタノール換算)の持続する飲酒歴」を「1日60g以上(純エタノール換算)の持続する飲酒歴または膵炎関連遺伝子異常」と変更し、新たに「急性膵炎の既往」を追加するなどしている。慢性膵炎の診断項目では、(1)特徴的な画像所見、(2)特徴的な組織所見、(3)反復する上腹部痛または背部痛、(4)血中または尿中膵酵素値の異常、(5)膵外分泌障害、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞