m3.com トップ > 臨床ニュース > 資料「胎盤のみかた」を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

資料「胎盤のみかた」を公開 若手医師向け、系統立てて胎盤観察する際の参考に

2020年2月8日 日本産科婦人科学会  カテゴリ: 産婦人科疾患

日本産科婦人科学会はこのほど、資料「胎盤のみかた」を学会ホームページで公開した。同資料は、一般産婦人科医、特に周産期に関わる若手医師に対して、観察が必要な症例の胎盤を肉眼的に観察する標準的な手順を示し、系統立てて胎盤観察する際の参考となることを目的に作成された。同資料では主に「特に観察が必要な症例」と「胎盤検索の実際:肉眼的評価」について解説。「特に観察が必要な症例」では、「母体・妊娠経過の異常」「胎児・新生児異常」「胎盤・臍帯の異常」に分けて、それぞれ観察のポイントを述べている。「胎盤検索の実...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞