m3.com トップ > 臨床ニュース > 若年ACSは冠動脈自然解離も念頭に置く【画像診断道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

若年ACSは冠動脈自然解離も念頭に置く【画像診断道場】

2020年2月7日 日本医事新報(Web医事新報)  カテゴリ: 循環器疾患救急その他

この症例の心電図と冠動脈造影像はこちら読影のポイント本症例の冠動脈造影所見(図1・2)と血管内超音波(IVUS)所見(図3)を示す(正常IVUS像は図4)。ACSの冠動脈造影所見で明らかな動脈硬化や血栓を認めないものの、高度狭窄や閉塞を認める場合、IVUSを施行することでさらなる情報を得ることができる。IVUS所見で動脈硬化所見を認めないにもかかわらず、血管の内膜断裂による解離やそれによる血腫での血管内腔の圧排所見を認めた場合、冠動脈自然解離と診断できる。【これが正解】右冠動脈近位部の冠動脈自然...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞