m3.com トップ > 臨床ニュース > 国際医療センター「新型コロナ、臨床像のみで診断は困難」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国際医療センター「新型コロナ、臨床像のみで診断は困難」 3例の自験例を症例報告

2020年2月7日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症救急その他

国立国際医療研究センターの中村啓二氏らは2月5日、新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症患者3例の自験例に関する症例報告を発表した。いずれの症例も初期の主な症状は発熱と上気道症状であったことから、「臨床像のみで診断することは困難」としている。現時点では、既に中国全土で患者が報告されていることから、臨床的に疑われる場合は「(湖北省)武漢市以外の中国全土の渡航歴も考慮すべき」とアドバイスしている。論文は日本感染症学会公式サイトで全文公開されている。(m3.com編集部・坂口恵)肺炎発症の1人...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞